集中的な授業

出前でとれる

1つ目は、質問を気軽にできる点です。小学生の多くは活発な性格の子が多いですが、中には人見知りや恥ずかしがりやな性格の子もいます。そんな子にとって、集団授業は質問しづらく、わからない問題をわからないままにしてしまう可能性があります。しかし、個別指導塾では授業中は講師と1対1であるため気軽に質問できます。2つ目は、志望校への対策、アドバイスをピンポイントに受けることができる点です。中学受験において、多くの小学生は自分ひとりで志望校に対する対策を立てることは難しく、そのうえ、中学受験は高校受験のように必須ではないため、同じ地域に住んでいる子であっても志望校がばらばらである可能性があります。基本的に塾に通っていれば、講師が中学受験の対策を立ててくれます。この場合、集団授業であると一人の志望校の入試対策を授業中に行うことは難しく、対策をするには授業後の相談や宿題となってしまいます。しかし、個別指導塾では授業中にピンポイントに志望校の入試問題の対策を授業中に行うことができます。この点は集団授業にはない個別指導だけの大きなメリットです。3つ目は、授業が一人一人の理解度に合わせて進行される点です。生徒一人一人が苦手な単元はばらばらです。個別指導塾では得意な単元は授業数を少なくし、苦手な単元は授業数を多くするということができるため、苦手な単元を克服しやすくなります。苦手科目が少なくなるというのは中学受験において大きなメリットです。以上3つが中学受験に対する個別指導塾のメリットになります。